菊舎の里へようこそ

 

ここは、菊舎の生誕地である下関市豊北町田耕(たすき)地区の四季折々の風景や行事を写真とともにお届けするコーナーです。(写真は拡大表示できます。)

 


 (平成31年1月13日更新)

 毎年恒例の田耕名物凧揚げカッポン大会が田耕神社に於いて開催されました。

朝方まで小雨模様の天気だったのですが、次第に回復し開催時間の午後1時には

日差しも温かい青空となりました。境内には梅の花もすでに咲いていました。

 

 最初は子供たちによる凧揚げです。形はみな同じカイト型の凧で、デザインは子供たちそれぞれの個性的な絵で勝負です。今年はあまり強い風が吹いてこないので

なかなか上手く揚がりません。親も手伝って一所懸命揚げようとするのですが、やはり風あっての凧揚げです。

 

 次は自治会対抗の大凧揚げですが、今年の大凧は二つのみです。小学生のいなくなった自治会は参加しなくなってしまいました。以前は十個前後の大凧が空を舞っていたのに寂しい限りです。風のない今年は大凧揚げも大変でした。

 

 凧揚げの後は境内でカッポン大会です。これも昔は竹馬だったのですが、小さい子も参加できるようにカッポンに代わった次第です。親も混ざってリレー形式で競いました。カッポンも早さを競うとなると気ばかり焦って難しいようでした。

 

 表彰式の後はお楽しみのお菓子まき大会です。子供たちの「早く!」「早く!」

「早く!」のコール(というか叫びのようなもの)に促されて始まりました。毎年

写真を撮りに参加していますが、少しずつ参加者の減っていく様子を見ていると、

40年以上も続いてきたこの恒例行事もいつまで続けられるのか心配になってきます。


  (平成31年1月6日更新)

 平成31年も早6日となりました。波がすーっと引くように、わが家の三ファミリーもそれぞれの場所に帰っていきました。今朝は外に出てみると西の空にかすかに虹が出ていました。東の方には朝露に濡れた風景が朝日に輝いていました。

 

 菊舎の里もまだまだ静かですが、これから少しずつ活気づいてくるのでしょう。

13日の日曜日には子供会よる凧揚げカッポン大会が開催されます。17日は滝部小学校で新春俳句相撲大会が、18日には促進センターで男性料理教室が、20日には滝部小学校でどんど焼きが予定されています。


 (平成31年1月2日更新)

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今年からこの

「菊舎の空」から菊舎の里の情報を発信いたします。

 

 菊舎の里は今年も静かな年明けとなりました。昨日の田耕神社参拝もぐずつき模様の天気でしたが、雪になることはなく、小雨のちらつくくらいの朝でした。

 

 今朝も雲の合間からわずかに朝日が差しています。帰郷した子や孫たちもぽつりぽつりと起き始め、また賑やかな一日が始まろうとしております。

 

 今年で「平成」も終わりです。私の次男は平成元年に生まれました。そして私の長男の次男は昨秋生まれ、平成最後の生まれとなりました。

 

 私は今年の秋に65歳となり、JR西日本のジパングの対象者となります。鉄道の運賃が2~3割引きとなります。シルバー人材で働き始めたこともあり、小遣いをためてあちこち日本を旅したいと思っています。

 

 何はともあれ、今後ともよろしくお願いします。